工場における生産活動とは

生産活動とは

 
工場における生産活動の目的を一言で表すならば、それは『付加価値の創造』といえます。生産活動を通して製品・サービスの『本質的価値』に『品質』・『価格』・『納期』における価値を付加します。ここで定義する『付加価値』とは製品・サービスのもともとの価値を自社の生産活動を通して新たに創造した価値のことです。

 

付加価値と生産ラインの改善

 
生産原料を製品にすることが基本的な付加価値の創造になりますが、他にも現状の生産ラインを改善する事で付加価値を高めることもあります。
例えば、1つの製品が原料から製品になるまでの時間(期間)を短縮する行為は付加価値を創造していると言えます(タクトタイムの短縮)。また、製品の不良品率を下げることも付加価値を創造しています(歩留り率の向上)。このような『より短い時間での生産』・『より少ない人員での生産』・『より少ない原料で多くの製品の生産』・『より少ないエネルギーでの生産』等を実現することは、『改善型付加価値』を創造していることになります。
生産ラインの改善は、この付加価値をより高める活動といえます。