生産ラインの改善によるコストダウンとは?

付加価値の創造とコストダウン

 
工場の生産現場で求められる改善は、改善前と改善後において費用対効果が出る内容でなければなりません。その改善により、著しい品質向上、対策のための見える化、製造担当者の工数削減など何かしらの『コストダウン』につながることが求められます。
 
 

コストダウン直接型生産ライン改善

 
『生産ライン改善』の目的をコストダウンとした時、『工数の削減』や『無人化』・『省人化』が『コストダウン直接型生産ライン改善』といえるでしょう。例えば、これまでマンパワーでおこなっていた作業をシステムの導入により自動化する、産業用ロボットの導入によりラインの無人化をする、画像処理装置の導入により検査工程を無人化する、などが代表的な事例になります。

● 事例:生産管理システムを導入。作業を無人化することでコストダウンを実現
 

コストダウン間接型生産ライン改善

 
『生産ライン改善』を実施しただけではコストダウンになりませんが、現状把握の中で改善点を発見したのちに改善する『コストダウン間接型生産ライン改善』 も重要な改善になります。
例えば、設備の稼動状況を把握することで無駄を見つけ改善する、消費エネルギーを見える化した後に効果的な削減を実施する、品質管理を強化することで自社の製品に対する信用度を向上させる、などが代表的な事例になります。

● 事例:設備の稼動状況を見える化することで稼動状況の改善を実施